耐震くん

耐震くん

「耐震くん」の製品概要

■変成シリコーン樹脂系接着剤
■張付可能時間;10分/23℃(屋内)
■化学反応形無溶剤タイプ 
■標準使用量;6m(8mmφ)/1本(333ml)
■有効期限;12ヶ月(5℃の冷暗所保存の場合)
□個装:カートリッジ用容器 
□色調:グレー、ブラック □内容量:333ml
□1梱入数:10本

「耐震くん」の特徴

  • ・弾力性に富み、耐震性、耐衝撃性に優れています。
  • ・1成分形の速硬化型で作業効率を向上出来ます。また塗装も出来ます。
  • ・低温時の押出し性に優れ、硬化も早く、冬季での作業性が良好です。
  • ・各種石材に対して、優れた接着性と接着力、シーリング性を発揮します。
  • ・酸性雨や紫外線に強く、耐候性、耐水性に優れています。硬化後は耐熱性と耐寒性に優れ、日本国内(気候条件)での使用に耐えます。
  • ・肉やせや発泡がなく、貯蔵安定性に優れ、また使用時の臭いの発生が少ないので不快感を与えません。

「耐震くん」の振動実験動画

↑ページ上部へ

耐震パッド

耐震パッド

「耐震パッド」「耐震“子”パッド」の製品概要

耐震パッドは震度7まで対応する墓石専用パッドです。設置は簡単で、パッドは何度でも利用することが可能なので、移設などの多い展示場などでも使用できます。
現場の施工では耐震パッドを設置した間に耐震効果のある接着剤(耐震くん推奨)を使用すれば効果は抜群です。

■耐震パッド:40×40×2mm(1パック4枚入り)
■耐震“子”パッド:40×40×0.8mm(1パック4枚入り)

「耐震パッド」使用方法

展示場で使用する場合は、竿の下面の角より1cmずつ内側に図のように耐震パッドを設置して下さい。(下図①参照)
移設の場合は、耐震パッドをはがして水洗いをし、乾燥させてから再度ご使用できます。

耐震パッド使用方法【図1】

現場で施工する場合は、竿の下面の角より1cmずつ内側に図のように耐震パッドを設置して下さい。
耐震パッドを設置した部分と部分の間に、耐震効果のある接着剤(耐震くん推奨)を使用してください。(下図②参照)

耐震パッド使用方法【図2】

「耐震“子”パッド」使用方法

  • ①接地面と施工部材の接着面の汚れをきれいにに拭き取って下さい。
  • ②4枚ある耐震“子”パッドを両面の剥離シートを付けたまま切り分けて下さい。
  • ③1枚の耐震“子”パッドを剥離シート(両面)を付けたままハサミで4等分に切り分けて下さい。
  • ④切り分けた耐震“子”パッドの白色剥離シートをはがして、施工する部材の接地面のやや内側に貼り付けてください。
  • ⑤貼り付けが完了してから透明剥離シートをはがしてください。
  • ⑥設置場所に施工部材を乗せて、上部より少し押しつけて下さい。
  • ⑦取り外しの場合は施工した部材をゆっくりと傾けていくとはずれます。
耐震子パッド使用方法図
ページの先頭へ戻る